映画レビューを書いて頂ける主婦ライターを募集中

映画『スパイの妻』実話を元にしたひどい映画!ラストについて考察

horror

今日は黒沢清監督の作品『スパイの妻』をご紹介します。

主演は、蒼井優さんと高橋一生さん

神戸を舞台にしたサスペンス映画

1940年の神戸を舞台に、商社を経営する上流市民の男とその妻が国家の目をくぐり抜け国を揺るがす機密情報を暴こうとするサスペンス映画です。

この記事では、あらすじやストーリーを振り返り解説、ラストシーンなどにも触れていきます。結末やネタバレを知りたくない方はご注意ください。

映画館で新作映画を見る人へ

映画館で毎回1,900円も支払っていませんか...

実は誰でもお得に映画を観れる方法があります。

▶︎▶︎ 上映中の映画を安く割引価格で鑑賞する方法 ◀◀
やり方は簡単!上のリンク先の記事を読んでください。

映画『スパイの妻』はこんな方におすすめします

オススメ度
低い
高い
年齢
10代~
20代~
30代~
40代~
50代~
対象
男性
女性

映画『スパイの妻』のあらすじや作品情報

太平洋戦争間近の1940年。

満州で偶然にも国家機密を知ってしまった優作は、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。

妻である聡子は夫を信じ、たとえスパイの妻と言われることになっても、愛する夫とともに生きることを心に誓うが…。

タイトルスパイの妻
監督黒沢清
脚本濱口竜介
野原位
キャスト蒼井優
高橋一生
東出昌大
制作国日本
制作年2020年
上映時間115分
実話実話と元にした作品

映画『スパイの妻』のスタッフ・キャスト 

スパイの妻の監督を務めたのは、日本映画のドンでもある黒沢清監督。

黒沢清監督

出典:https://wos.bitters.co.jp/

さまざまなジャンルの映画を撮ってきた黒沢監督ですが、歴史ドラマを撮るのは今回が初めての挑戦ということもあり、本作は注目を浴びました。

福原優作役:高橋一生

出典:https://wos.bitters.co.jp/

国家機密を知り、正義感から公表しようとする貿易会社の社長で聡子の夫・優作役には、高橋一生さん

福原聡子役:蒼井優

出典:https://wos.bitters.co.jp/

主人公、国家機密を知ってしまった夫を支える妻・聡子役には蒼井優さん

津森泰治役:東出昌大

出典:https://wos.bitters.co.jp/

神戸憲兵隊の分隊長の津森を演じたのは東出昌大さん。

黒沢清の歴史映画『スパイの妻』

本作を観終わったときに感じたことは、歴史的な背景はほとんど描かれてはいないこともあり、良くも悪くも映画というよりは大河ドラマという感じでした。

その理由の一つに、NHKが制作しており、かつ元々はドラマだったということが挙げられます。

でも美術へのこだわりが強く感じられて、建物の内外の様子や服装はかなり時代を感じさせる完成度の高い演出です。

最初に感想をお伝えすると、個人的には皆さんと同じ意見で、大河サスペンスドラマっぽい印象でしたが、物語の内容がひどいぐらいに濃厚で思わず見入ってしまった映画!

以下では、映画『スパイの妻』の結末に関するネタバレに触れています。

【ネタバレ】聡子や優作が知ってしまう国家機密が実話?

夫婦が知ってしまう国家機密とは、満州で行われていた、ペストの人為的拡散。

この国家機密は日本の歴史でもひどいと言われている731部隊」とも似ており、本作はフィクションですが、実話を描いているのではないのかと意見が多くありました。

731部隊とは、第二次世界大戦の頃に存在した研究機関で、満州に拠点を置き、兵士の感染症予防の傍ら、人体実験や生物兵器の実験を行っていたと言われています。

あくまでも物語の構成の一つ。

この物語は、国家機密を知るまでの前半、知ってから亡命に向けての後半という構成になっています。

スパイと時代背景

本作は『スパイの妻』というタイトルですが、いわゆる「スパイ」といった意味はありません。

夫婦の行動が、憲兵隊長の津森が言うように売国奴と見られてしまうこと、憲兵隊たちが拷問をしてまでも国のために尽くしていたという背景がそこにはあります。

印象的だった聡子のセリフ

私は一切狂っておりません。でもそれがこの国にとっては狂っているということなんです。

聡子は優作の裏切りに対して狂ったように「お見事!」と言いますが、それは優作が聡子を危険に晒せないようした選択であり、あの時代における男女の関係性を上手く映画的に落し込んだ演出だったように感じます。

あの…ラストを見るまでは…

優作の裏切りとは?

劇中では、聡子と優作の2人は別々に亡命するのですが、何者かの報告を受けてやってきた津森たち憲兵隊にあっさり”聡子”は捕まってしまいます。

取り調べを受けても黙秘する聡子に対し、憲兵隊たちは彼女が持っていたフィルムを奪いますが、そこに映し出されたのは優作が聡子を撮った映画の映像だったのです。

黒沢監督らしい、ただでは終わらない演出です。そしてあのラストシーンも話題に!

ラストシーンについて考察

ラストでは、優作の死亡が確認されたものの、その書類には偽造が見られ、数年後に聡子がアメリカに渡ったと文字で説明されます。

夫の死亡を証明書には偽装の跡が見られた

夫はムンバイから米国行きの船に乗船後、日本軍の潜水艦により撃沈されたという情報を信じていたので驚きました。

これまでのストーリーがすべてひっくり返されることに…

本当にスパイだった説

やはり夫の死亡証明書が虚偽のものだとすると、別のストーリーが浮かび上がってきます。

私の見解は、満州の「非人道的な行い」を見た結果、正義感に駆られて行動していると思っていましたが、妻は本当にスパイの妻だったかもしれませんよね、

もし夫がスパイだとすると、物語で登場した「小さな出来事」がパズルのピースのように上手くカチッとはまって説明できるために…

目的は何だったのか?

劇中でも語られていますが、米国の参戦を促し、連合国側に勝利をもたらすことでしょう。機密文書を米国側に触れさせ、米国が連合国側に参戦する理由を作ろうとしました。

そして、そのミッションを遂行するためならば妻や部下の犠牲をいとわなかった。最終的に、妻と二手に分かれ、妻を密告し、憲兵側の注意を妻側に集中させて、自分は安全に日本を脱出。

その結果、機密文書ともに米国に渡り、米国の第二次世界大戦への参戦を促すことに成功したのでしょう。

日本が焼け野原

結果、妻が残った日本は焼け野原になりましたが、それが夫の雇いの主「連合国側」が望んだことだったのです。

そして1945年3月、精神病院にいた聡子でしたが、空襲を受けた神戸の街は焼け野原になり、さまよう彼女は海辺で泣き叫ぶというラストシーンに。

スパイの妻が『ひどい』と言われる理由について

本作は戦争映画です。またその中で生きなければならない生身の人間が投影されている作品でもあります。

やはり戦争で起こった出来事を描いているシーンは目を背けたくなるもの。

NHKが本気で作った時の戦争ドキュメントくらいの怖さがありました。

上記のような内容なので人を選んでしまう映画です。視聴者からも意見は賛否両論で、ひどい!面白い!などさまざまな意見がネット上にはあふれました。

まとめ

以上、映画『スパイの妻』をご紹介しました。

蒼井優さんと高橋一生さんは「ロマンスドール」に続いて今回も夫婦役を演じていましたが、やっぱりふたりの息はぴったりですよね。

そして、東出昌大さんの存在もあり、3人を中心とした舞台劇のようにも思える演者の映画でした。

めちゃくちゃ楽しめました!U-NEXTで視聴できますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。