映画レビューを書いて頂ける主婦ライターを募集中

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』はつまらない?原作との違いについて

horror

今日ご紹介する映画は82年生まれ、キム・ジヨンです。

2016年に韓国で原作小説が発行、130万部以上を記録するベストセラーに。

韓国小説としては珍しく、世界でも、珍しく多く翻訳されています!

原作を観てない方にお話しすると、この話は、韓国に未だ強く残る女性蔑視を細かく描いた物語。いわゆるフェミニズムのお話です。

この記事では、あらすじやストーリーを振り返り解説、原作との違いなどにも触れていきます。結末やネタバレを知りたくない方はご注意ください。

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の作品情報とあらすじ

結婚を機に仕事を辞めたジヨンは、育児・家事に忙しくしていて、時に閉塞感を感じていた。そんなある時、彼女は別の人格が宿ったような言動をする。

夫のデヒョンはジヨンにその真実を告げることができずにいた。なにが彼女の心を壊してしまったのか、彼女の半生を通して見えてくるものとは。

タイトル82年生まれ、キム・ジヨン
監督キム・ドヨン
キャストチョン・ユミ
コン・ユ
制作国韓国
制作年2019年
上映時間118分

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のスタッフ・原作

本作を監督したのは
長編映画監督デビューとなるキム・ドヨン

キム・ドヨン監督

40代半ばで映画学校に入り、映画づくりをした監督

原作者『チョ・ナムジュ』

世界中でも社会現象となった小説『キム・ジヨン』

著者のチョ・ナムジュは、子育て中にこの小説を書き上げたそうですよ!

キム・ジヨンの由来について

余談になりますが、キム・ジヨンという名前は、82年生まれの韓国の女性で一番多かった名前だったそうです。

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』のキャスト

チャン・ユミ

主人公、キム・ジヨンを演じたのはチャン・ユミ

©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

内に抱えた複雑な思いを言葉よりも非常に繊細な表情で見せてくれました。

主な出演作
  • トガニ 幼き瞳の告発
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス

コン・ユ

キム・ジヨンの夫、デヒョン役にはコン・ユが配役。

©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

ジヨンの夫という、一番近くにいる男性として親近感と好感を与えていました。

主な出演作
  • トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス

以下では、映画の結末に関するネタバレに触れています。注意の上、お読みください。

原作小説と映画版で大きく異なっていた

©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

まず、本作を視聴して感じたことは、原作との描かれ方に相違があることに違和感を感じました。

  • 夫の立場
  • ジヨンの描写

それぞれについて解説します。

夫の存在

夫役を俳優のコン・ユを起用したことにより夫の印象に対して好感を覚える人は多いことでしょう。きっと先に映画を観た人は理解のある夫だなという印象が残ると思います。

でも原作だと「傍観者」的な夫の姿が描かれています。映画の場合は「妻に寄り添う夫」として描かれていたこともあり違和感を感じますよね。

ジヨンや母の描写

つづいて、キム・ジヨンの描写について解説します。

原作との大きな違いは、ラストの描き方(会社員たちから「ママ虫」と囁かれるシーン以降の展開について)です。

夫の稼ぎでのんびり過ごしている女性を表したインターネットスラングのひとつ

映画では、同様のシーンが冒頭で映されていて、逃げ出したジヨンが、ラストでは言い返す場面になっていました。

さらに、デヒョンが主体的に育児をしていくことで、ジヨンも仕事復帰ができそうな期待感を感じさせるラストになっています。

原作を読んで映画を視聴してしまうと違和感を感じるシーンでした。

原作を読んでから映画を観ると『つまらない』と感じる人が多かった

映画のみを観ると違和感なく物語は成立しているのですが、原作を読むと非常に気持ちが悪くつまらないと感じる人が多くいたとネットニュースでも酷評でした。

原作では徹底して描かれていた女性の生きづらさが、映画では夫によって改善したかのように感じてしまう。

このように酷評が多い作品になってしまったのは構成の違いだと感じます。

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の構成の違い

©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画では、出世の可能性を棒に振って、育休を取ろうかと提案する夫の存在によりキレイに着地してしまっているラストです。

ちなみに原作では、ジヨンを分析していた精神科医自身が女性への理解不足が最後の一行で分かるという、痛烈な風刺で終わります。

でもどちらにせよ全体的に女性の生きづらさをしっかり散りばめてちゃんと描いてくれていましたけどね…

映画は旦那が優男すぎ!小説の方が面白いやリアルという意見が多いのはしょうがないのかなって思います。

韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の見どころや気になること

見どころ
良くも悪くもステレオタイプなキャラやエピソードなんでとても分かりやすい。全体的に目が離せない展開が続きます。
気になること
冒頭から夫は妻ジヨンの言動を心配し精神科を受診させようとするが、終盤に入るまでずっとモヤモヤが続きます。

炎上が狙い?おうち映画館の『82年生まれ、キム・ジヨン』の感想について

憑依の表現とか怖さは映像の方が向いてるからストーリーとしてはわかりやすい内容で、男尊女卑、母親の負担、子どもが産まれた後の姿は胸にきました。

一つ残念なのは、夫が良き理解者として描かれすぎてる感じ。原作ではこんなに寄り添った人じゃなかった。無機質な感じが印象的でした。

それによって“恵まれてるのにメンタルきちゃってる人”のようにも見えてしまうはなんだか辛い。

そして最後に原作と映画の物語を変えたのは炎上を狙った戦略的な狙いがあったのかと感じました。

これはある意味、ホラー映画だなって感じがしました。まさしくリアルホラー映画!

U-NEXTで視聴できますがおすすめはしません。ある意味、面白いですけど。

U-NEXT【2022年版】U-NEXTのおすすめ韓国ラブコメドラマ7選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。