自宅が映画館!失敗しないホームシアターの選び方

【泣ける】感動映画『ガタカ』の名言は遺伝子を超えマインドを変える

【泣ける】感動映画『ガタカ』の名言は遺伝子を超えマインドを変える

今回ご紹介する映画は『ガタカ』です

この世に生まれたときから異端児で失敗のレッテルを貼られても努力し続ける物語

ガタカは自分の可能性や疑問を持ってしまったときに勇気をくれる映画です

他人の評価なんて全部クソ喰らえ

この映画は僕の人生を変えてくれた一本です。今回は「あなた」に向けて記事を書きます

以下目次からどうぞ!
この記事を書いた人
  1. 映像関係の学校卒業
  2. 映画ノート歴 : 3年
  3. 大手VODはすべて加入済み
  4. アニメ・邦画・洋画オールOK
  5. 実際に観た作品をレビュー紹介

泣ける映画『ガタカ』の作品紹介

Twitter

こんな方におすすめします

オススメ度
低い
高い
年齢
10代~
20代~
30代~
40代~
50代~
対象
男性
女性

作品情報

口コミ

努力するも実現できない現実に葛藤。不正行為に手を染めながらも自分の夢を実現させようと行動し、最後には実現させるという話です。

デザイナーベビーの誕生も近いと言われる昨今、二十年前の映画ですが、テーマは現在でも通じるものになっています。

(Amazonカスタマーレビューより)

制作年1997年
制作国アメリカ
監督アンドリュー・ニコル
原題Gattaca
出演者イーサン・ホーク
ユマ・サーマン
ジュード・ロウなど
上映時間172分
実話×
オススメ度

『ガタカ』の動画フルを無料視聴できる配信一覧

各種動画配信サービス無料視聴
U-NEXT
Hulu
dTV
Netflix
Amazonプライムビデオ
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
また本ページの情報は2021年6月時点のものです。△は料金が発生

あらすじ

遺伝子操作により管理された近未来。

自然出産で生まれた子供は「不適正者」と言われ理不尽な人生を強いられています。

宇宙飛行士を夢見るヴィンセントもそんな不適正者の一人です

努力だけではどうしようもない残酷な現実に打ちのめされるヴィンセント

しかし、ある日ジェロームという車いす生活の男に出会って運命が変わります

ヴィンセントはジェロームの協力を得て、DNA詐称をし宇宙飛行士を目指すことに。

全てがうまくいくと思えた矢先に彼の周囲で殺人事件が起きてしまうであった……

泣ける映画『ガタカ』の登場人物・キャスト

ガタカは豪華な俳優たちがキャストとして選ばれています

ヴィンセント・アントン・フリーマン(イーサン・ホーク)

出典:https://www.imdb.com/

登場人物
  • この物語の主人公
  • 近未来の「不適正者」
  • 宇宙飛行士になるのが夢
主人公

アイリーン・カッシーニ(ユマ・サーマン)

出典:https://www.imdb.com/

登場人物
  • この物語のヒロイン
  • 「適正者」であるが、心臓が弱い
ヒロイン

ジェローム・ユージーン・モロー(ジュード・ロウ)

出典:https://www.imdb.com/

登場人物
  • カギを握る人物
  • もともとは有望な水泳選手だった
  • ヴィンセントに生体IDの提供をする
主人公が彼になりすます

泣ける映画『ガタカ』のストーリー設定について

ガタカの設定について重要なポイントを解説したいとおもいます。

生まれた時から不平等

近未来では生まれた赤ん坊が、「適正者」と「不適正者」に分けられるようになっていました。


遺伝子操作によって生まれた子供のこと、体力、容姿、知恵などが優れており、進学や就職など全ての面において有利


自然な性交によって生まれた子供のこと、生まれた時から不利な条件を背負わされます。不適正者というだけで、進学や就職なども選べない環境、夢である宇宙飛行士にもなれない。

ガタカの意味

実は原題『Gattaka』は言葉自体に意味はありません。遺伝子の元となるDNAを構成する4つの塩基の頭文字を使った造語なんです。

Gattaka
  • アデニン(A)
  • チミン(T)
  • グアニン(G)
  • シトシン(C)
なるほど(笑)

泣ける映画『ガタカ』の名言は遺伝子を超えマインドを変える

出典:https://www.imdb.com/

本作はSF要素もあってストーリーもハラハラしたりする部分もあるのですが、一番の見どころはヒューマンドラマ的な要素です。

現代社会で生きている私たちにも共感できる部分がでてくると思います。ガタカを観てから明確に生き方のマインドが変わりました。

本作を初めて観たとき、学生だった私が感銘を受けたことは3つあります

感銘はコレ
  • 不遇な環境でも挑戦
  • 不可能はない
  • 自分がどう生きるか
突き刺さりました

不遇な環境

両親はヴィンセントを出産したことについて反省しました。そして弟のアントンを遺伝子操作により出産することにきめたのです

適正者の弟になにをやっても勝てないヴィンセントは、この狭い地球上で暮らすことよりも、宇宙へ旅立つことを夢見ます

もぐさん
もぐさん

自分の夢を諦めず、ひたすら努力し続ける姿に闘志が湧きました

不可能はない

ヴィンセントが弟と遠泳の勝負をするシーンは劇中で特に印象的でした。

遺伝子的にヴィンセントが弟に勝てるはずはありません。なんで弟に勝つことができたのか。

岸に戻ってくる体力など考えずただ前に進んでいったからでした。

この瞬間、ヴィンセントは不可能なことはないことを証明したと言います

もぐさん
もぐさん

自分自身を信じ覚悟を持って挑戦することを思い出させてくれました

自分がどう生きるか

ヴィンセントは劣等な遺伝子であっても自分の努力で夢を掴むことを証明しました。

優秀な家庭環境で育った子供はやはり何かを成し遂げることも多いです

とはいえ、決して恵まれた環境ではなくても世を驚かす功績を挙げる人もいます。

もぐさん
もぐさん

つまり、結局は自分がどう生きるか。ここに尽きるんです

泣ける映画『ガタカ』の名言

この映画には自分の可能性に疑問を持ってしまったときに勇気をくれる映画です。本作で印象的だった心を揺さぶる名言を紹介します。

『ガタカ』の名言①

ヴィンセントは優秀な遺伝子を持つジェロームという男性になりすますことになります。

運命に遺伝子は関係ない

優秀な遺伝子を持つジェロームは事故で車椅子生活。不適合者ヴィンセントは宇宙に。

運命に遺伝子はありません。「人生なんてどうなるかわからない」そうおもいました。

『ガタカ』の名言②

ヴィンセントは不適合者であることを恋人のアイリーンにバレてしまいます。

多くの人が何かをやろうとするとき「できない理由」を探します。

アイリーンもその一人でした。でもヴィンセントはこう告げるのです

できるんだ。可能なんだ

できない理由探しをしてもそれしかみえてきません。深く考えさせられたシーン

『ガタカ』の名言③

ヴィンセントも最後の最後までピンチの連続でした。

けれどもくじけずに頑張り続けたからこそ、最後には宇宙に飛び立ちます。

途中で諦めてしまえば成功はなくなる。自分を信じることや希望をヴィンセントの行動から学びました

映画『ガタカ』は本当にオススメ

仕事や家庭のことで悩み、人生に行き詰まりを感じていたときに『ガタカ』を再び見ました。

そして見終わった後には胸の高鳴りが止まらない感覚になったことを憶えています。

他人の評価なんて全部クソ喰らえ

この映画のラストは「あなた」が見届けてください。心の片隅に深く残るラストシーンです

以上、名作映画『ガタカ』をご紹介しました。

COMMENT

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました